株式会社 豊國
サイトマップ プライバシーポリシー リンク
会社案内 事業所 メンテナンス 採用情報 お問い合わせ
TOP > 陸上に関する製品 > 流体計測機器
 
 
このページのトップへ
このページのトップへ
このページのトップへ
このページのトップへ
 
 
 
No.01  
分 類 流体計測機器
品 名 東京計器 超音波流量計 UF-900G UFM-400G
備 考 超音波流量計を1963年に世界で初めて開発したトキメックが、長年にわたって蓄積したノウハウと最新のハードアェア技術を組み合わせて完成した最新鋭の超音波流量計です。
インテリジェント化とローコスト化を望む近年のユーザニーズに応え、上下水市場での高度な流体管理に適合出来ます。
【特長】
・従来機種に比べ大幅な小型化と軽量化を実現。
・従来のFS精度から、新たにRD精度に改良し、より高い
  測定精度を実現。
  測定精度 UF-900G ±1.0%RD(流速≧0.8m/sの場合)
         UFM-400G ±1.0%RD(流速≧2.0m/sの場合)
・必要直管長不足に起因する流速分布の乱れの影響を最大4測線測定まで適用出来ます。
・適用配管口径 呼び径:300〜6000mm 25〜250mmにはUFM-400を用意
 
No.02  
分 類 流体計測機器
品 名 ポータブルサイズ超音波流量計 UFP-20
備 考 ポータブルサイズの超音波流量計で、持ち運びが容易なため工場やプラントなどで広くご利用頂けます。 月に数回程度の流量計測や、常設の流量計の動作確認などに適しています。
【特長】
・小型軽量のハンディタイプ。質量約1.4kg
・超音波パルス伝搬時間差法を採用し、上位機種波の測定精度を実現。
・厚さ計機能と音速測定機能を内蔵により、配管の厚さや、液体の音速が不明な場合でも測定が可能。
・充電式バッテリを内蔵。
・大型液晶による日本語対話方式により、簡単操作。
 
No.03  
分 類 流体計測機器
品 名 UF-960
備 考 最新の超音波技術とマイクロ波技術が駆使された開渠用超音波流量計です。豊富なノウハウが注ぎ込まれた超音波流量計と高精度な電波レベル計との組み合わせにより、今までにない高精度で安定した計測を実現しました。
上水、農水、河川水、下水、処理水、産業排水など、自由水面の流量測定に適しています。
【特長】
・流体の流速と水位の2つの情報をもとに流量を求めますので、流れの変化を的確に捉えることが可能。
・水路内に流速検出部を設置するだけで絞り機構を設置しないので、ヘッドロスを生じたり、土砂などの堆積を生じません。
・水位ゼロから満水までの流量を測定出来ます。
・既設、新設を問わず、水路を改造する工事など必要なし。
・流速及び水位の検出部には可動部分はなく、メンテナンスフリーです。
・最大4側線まで可能。矩形水路、逆台形、馬蹄形などの各種水路でも効果的な多側線測定が出来ます。
 
No.04  
分 類 流体計測機器
品 名 電波レベル計 RTG-40
備 考 マイクロ波応用技術を駆使して開発された電波レベル計です。
高い測定精度と信頼性、優れたメンテナンスを実現しています。
アンテナは、コーンタイプ、ロッドタイプ、プロセスシールタイプなどを用意。測定精度は±5〜10mmで、汎用レベル計としては充分な精度を備えています。
【特長】
・従来不可能だった低比誘電率測定液体の計測も可能。
・タンク内の構造物などからの障害波を除去し、液面からの反射波だけを確実に計測します。
・非接触で機械的可動部が無いので定期的なメンテナンスの必要が有りません。
・タンク内の温度や圧力などの影響を受けず、ベーパーの多い環境でも安定した測定が可能です。
 
No.05  
分 類 流体計測機器
品 名 電波レベル計 MRG-10
備 考 小型・軽量のボデーと最先端のマイクロ波インパルス技術を使用した、2線式電波レベル計です。通常のパルス方式のレベル計では困難な、近距離における測定精度の向上について時間軸伸長方式の応用によりこの問題を解決し安定したレベル計測精度を実現しました。
【特長】
・微弱電波使用により、公共空間(河川、海、市街地等)での使用にも問題なく、場所の制約が有りません。
・2線式のため、新たに電源ラインの敷設する必要が無く、既設のDCラインにそのまま接続が可能。
・出力は、DC4〜20mAの電流信号と同時に、HART信号が標準で出力しますので、PCへの直接取り込みも可能です。
・電波レベル計の特長である、水蒸気、ガス等の雰囲気中でも使用可能です。
・本質安全防爆構造です。
 
No.06  
分 類 流体計測機器
品 名 GWS-3300 GWL-5500
備 考 ガイドウェーブレベル計GWS-3300/GWL-5500シリーズ波、液面まで設置したロッドまたはワイヤー状のプローブ (検出部)にマイクロ波(インパルス信号)を伝搬させて計測するという、ユニークな測定方式を採用した電波レベル計です。
従来の電波レベル計では装備が困難であった深井戸の様な長い測定範囲(最大100m)や狭小な設置空間でも装備可能。
【特長】
・深井戸や小型タンクなど、狭小空間や取付部の小さな場所でも設置可能。
・測定対象の温度やタンク内の圧力などの影響を受けにくく安定した計測が可能。
・2線式のため既設設備との互換性に優れています。
・出力は、DC4〜20mAの電流信号と同時に、HART信号が標準で出力しますので、PCへの直接取り込みも可能です。
・水と油のような2液の界面を測定する事も可能。(GWS)
・防爆仕様なので危険場所での使用も可能。
 
 
会社案内事業所メンテナンス採用情報お問い合わせサイトマッププライバシーポリシーリンク
Copyright(C) 2008 TOYOKUNI All Rights Reserved.